●カレンダー●
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
<<  2019 - 02  >>
●カテゴリ●
●アーカイブ●
●その他●
    処理時間 0.025283秒

「平成28年度国民健康保険料の設定に関する要望」など2件の要望書を山﨑区長に提出
| komei | 2015-12-26 Sat
 江東区議会公明党は、「平成28年度国民健康保険料の設定に関する要望」など2件の要望書を平成27年12月25日に山﨑区長へ提出を致しました。

   

【平成28年度国民健康保険料の設定に関する要望】

 国民健康保険制度は、被保険者の高齢化の進展や医療技術の高度化等により、医療費が増大している一方、低所得者の被保険者が多いなど構造的な問題があり、江東区国保の財政運営は厳しい状況にあるのは認識しております。
 そうしたなか、23区統一保険料方式のもと、本区においても、現在、平成28年度の国民健康保険料の改定が行われていますが、その改定の際には、医療費の適正化により、歳出抑制を図りながら、低所得者に対しては、保険料の軽減を拡充するなど、配慮が必要だと考えます。
 国民皆保険の維持と国民健康保険制度の安定的な運営の確保を図るために、本区におかれましては上記事項に留意しながら特段の取り組みを行うよう強く要望いたします。

【第5期後期高齢者医療保険料の設定に関する要望】

 後期高齢者医療制度は、少子高齢社会の進展に伴い医療費が増大するなか、高齢者と現役世代の費用負担及び制度運営責任の明確化を目的として発足し、今年で7年目を迎えました。
 今後、安定した制度として継続するため、更なる検討・改善が必要であるとし、社会保障制度改革では、平成29年度から保険料軽減措置を段階的に縮小していくという方向性も打ち出されていると仄聞しています。
 そうしたなかで、現在、第5期の後期高齢者医療保険料の改定がおこなわれていますが、その改定の際には、高齢者の負担を最小限に抑え、急激な増加とならないよう、財政安定化基金の活用をはじめとしたきめ細やかな保険料負担軽減措置を講ずるべきと考えます。
 高齢者が安心して必要な医療を受けることができるよう、国及び東京都広域連合への特段の働きかけを行うよう強く要望いたします。



| 11:15 | comments (x) | trackback (x) | 江東区議会公明党 |


PAGE TOP